特大キャンドルを作ってみました

こんにちは。
気を抜くと、あーっという間に時間が経ってしまいますね・・・。
前回の更新からもう4か月?!びっくりです^^;

さて、今回ですが、ボイド管で特大のキャンドルを作ったので、さらっと紹介したいと思います。
余ったワックスや劣化してしまったワックスがたまってきたので、自宅用に作ってみました。
あくまで、私の考えたやり方ですので、参考まで。

型の準備

型は塩ビパイプを使います。
ホームセンターに様々なサイズが売っています。
今回使用したのは、直径11cmで長さが50cmのものです。

まずは底を作ります。

ラップをかぶせて、ガムテープでとめます。

段ボールを底のサイズより大きめにカットします。

周りに切り込みを入れて、底に段ボールがかぶるようにします。
(写真にはラップが写っていませんが・・・ラップしたあとに段ボールをかぶせました)

とにかくガムテープでぐるぐるに!

芯を通します。
この上からも、ガムテープできっちりとめます。

バットの上に置いて、固定するために、周りを粘土で囲います。

ワックスの準備

チャンクをたくさん準備します。今回は、制作の過程で余ったものを使用しました。

そして、流し込む用のワックスも溶かします!
IHヒーターも、鍋もそんなに大きなものを持っているわけではないので、
小分けにして溶かしました。

型へロウを流し込む

チャンクを入れる→ロウを流し込むを繰り返します。
表からはどんな模様が出ているかわかりませんので、ドキドキです。

固まったら完成です。
こんな感じになりました!

大きなキャンドルは存在感があっていいですね。
非常時にも活躍してくれそうです。