シリコンでキャンドルの型を作る 猫型編

こんにちは。
今回は、シリコンで猫の型を自作してみました。
自分で型を作るというと、なんとなくハードルが高そうですが、案外簡単です。
自己流ですが、参考になれば幸いです。

粘土で原型を作る

型取るものを用意します。
私はいつも粘土で形を作っています。
身の回りにあるもの(野菜、フィギュアなど)でも、型を取れます。

ただ、注意点があって、シリコンを流し込んだときに、浮かないようにすること!です。
プラスチックなど、軽いものだとシリコンを流し込んだときに、浮いてきてしまいます。粘土は重いので、小物であれば固定をしなくても浮いてこないです。
ただ、あまりに小さいサイズ(1cmとか)だと、粘土でも浮くことがありますが・・・。
軽いものを型取りしたい場合は、重しを付ける、固定するなどの対策が必要です。

原型を容器に入れる

原型を紙コップなどの容器に入れます。
容器ですが、私の場合は、サイズが小さいので紙コップや製菓用のシリコン型を使用します。
方眼紙で箱を作ってもいいです。
レゴブロックのようなもので容器を作っている方もいますよね。
どこが正面かを印しておきましょう。また、原型をとり出すためにシリコン型を切るのですが、切り込みを入れる位置の目安も印しておきます。

ここでも注意事項が1点。

容器は、剥がせるもの、または分解できるものにすること!

いやぁ、当たり前のことなんですがね。ぼーっとしながら作業していると(おい^^;)選択を間違えます。…私みたいに。
さきほどの写真をご覧ください。一つ、アクリルの箱で型を取っています。
これ、シリコン固まったあとは、どうやって取り出すんですかね?(←自分に聞いているw)
よっぽど柔軟性の高いシリコンなら、無理やり取り出せるかもしれませんが・・・。

あ、あと、参考ですが、
私の場合、原型の根本に台座?みたいなものを付けます。
ロウを流し込んだあとは、台座の部分を切り取ると、残したい部分がきれいに残るので。

シリコンを準備する

今回使用したのはこのシリコンです。

他のシリコンに比べて、硬化した後のシリコンの感触は、少し硬かった気がします。

紙コップにシリコンを入れて、量を計ります。
硬化剤を入れて(硬化剤の量は、シリコンの種類によって異なります。)、攪拌します。
この後、少し時間をおいて、中の空気を抜いたほうがいいと思います。(私はすぐに使用してしまいますが)
複雑な原型の場合などは、空気が残ったところに小さく穴が残り、きれいに型取れない場合もあります。

シリコンを容器に入れる

シリコンを容器に入れていきます。
静かにゆっくりと、原型が傾いたり、倒れたりしないように注意します。

原型をとり出す

シリコンが硬化したら、原型をとり出して完成です。
基本的には、シリコンを真ん中あたりから二つに切って取り出します。
早速ロウを注いでみましたよ。(型の下にあるものがそうです)
まぁまぁ、うまくいったかなぁと思います。

コメント

  1. アバター かん より:

    いつも参考にしています^_^更新たのしみにしています

    • アバター Kaya より:

      ありがとうございます!!楽しみにしていただけると思うと励みになります。なかなか更新できませんが、引き続き頑張ります!