本の通りに作ってみました 福間乃梨子 著「ハンドメイドキャンドル」その2

前回に引き続き、「ハンドメイドキャンドル」の本から、もう1作品作ってみました。

参考にしたのはこちら↓
「6種のワックスとエッセンシャルオイルで作る ハンドメイドキャンドル」
福間乃梨子

この中から、「Dot Pattern」という作品を作ってみましたよ。

正直なところ、今回は、なかなか難しかったー・・・。
3回も作り直してしまいました(汗)
道具も、本にある通りのものはなかったので代用したりしております。
仕上がりの雰囲気は全然違うのですが、作り方は本に倣っておりますので参考にしていただければうれしいです。

4色のシートを作る

4色のシートを作ります。
アルミホイルで作った箱に、着色したワックスを注ぎます。(配色センスないです・・・すみません)
アルミホイルの代わりに、クッキングシートでも代用できます。
ワックスの量ですが、本に記載されている量の通りにやると、厚すぎたので、15gほど減らしています。

型を抜く

流し込んだロウがようかんくらいに固まったら、型抜きします。
本では、丸型のクッキー型を使用していますが、持っていなかったので、星型のクッキー型を使用しました。

シートを作る

先ほど作った4色のシートを小さく切ったものを、アルミホイル(またはクッキングシート)の箱に入れます。
この、箱の大きさが明記されていない(おそらく)のですが、私は、今回20cm×10cmの箱を作りました。
型抜きした部分に色違いの星型を入れ込みます。

ここにワックスを注ぎます。
箱の大きさが明記されてないのですが、注ぐワックスの量は明記されていました。
ただ、記載されている量で作ると少々足りません。パラフィンワックスとマイクロソフトワックスを合わせて、140gのワックスを注ぎました。

シートを四角に切り取る

シートがようかんくらいの固さになったら、シートを四角に切り取ります。
5cm四方の箱に(今回は同サイズのシリコン型を使用)入れるのですが、切り取る大きさが記載されていません。
私は、5cm×5cmを1枚、4cm×5cmを3枚、切り取りました。
事前に、方眼紙で型紙を作っておくといいと思います。

シートを型に入れる

切り取ったシートを、型に入れます。この、シートを四方に詰める作業が難所の一つです。
シートの厚さ、大きさに左右されます。
少し厚く、また大き目のサイズに作って、徐々に調整していくと失敗しないと思います。
厚み、サイズの調整は、柔らかいうちにカッターで切るか、熱した鍋底などを表面に当てて溶かして調整します。
四方に詰めたらこんな感じです。

ワックスを注ぐ

真ん中に粒状のワックスを入れ、その跡に液状のワックスを注ぎます。

固まってきたら、芯を刺して完成です。
最後の仕上げで、熱したなべ底などで表面をなでるように溶かして、表面を滑らかにします。

いかがでしたか?配色はともかく・・・おおよその手順は本に倣って作れたと思います。
ただ、本に記載されていない手順もあるので、自分で考えながら進めないといけない部分もあります。
ですが、何度か作ってみて、やりやすいやり方や、自分好みの柄の出し方などを見つけてみてはいかがでしょうか。

詳細な手順や、材料・道具については、「ハンドメイドキャンドル」の本を参照してくださいね。