キャンドルの作り方 すりガラスのようなキャンドル

すりガラスのように、中が透けてみえる涼しげなキャンドルの作り方を紹介します。

必要なもの

1.パラフィンワックス 120g
パラフィンワックス チャンク用 30g×3
2.ホーロー鍋(IHコンロを使用します。湯せんでもOKです。)
3.紙コップ 4つ
4.染料または顔料(クレヨンでも代用可)
5.芯
6.粘土
7.ガムテープ
8.温度計
9.バット 10cm×15cm 1つ
10.測り
11.割りばし

写真には写っていませんがその他必要なもの
・水を入れたバケツ(紙コップが入るサイズ)
・竹串など、穴をあけるもの

型の準備

パラフィンワックス120gを溶かします。
全て溶けたら、溶けたワックスの中に芯を浸してから取り出し、ティッシュ等で余分なワックスをふき取ります。(芯のコーティング)
紙コップの底に穴を開け、芯を通します。
芯の先は、後で解ける結び方で結んでくださいね。
 

底をねんどで固定し、上からガムテープでかっちり止めます。

ワックスを注ぐ

パラフィンワックスを75℃で注ぎます。
注いだら、紙コップの淵を持ち、バケツにくんだ水の中に入れます。
紙コップの中に水が入らないように気を付けながら、ロウが入っているラインまでつかるようにします。
このとき、芯は指の間で挟むなどして、周りにくっつかないようにしてください。

ワックスを取り出す

水に浸けて2分ほど経ったら、バケツから取り出します。周りについた水滴をふき取ってください。
ワックスを鍋に戻します。
ガムテープの中に残った水が出てくる可能性がありますので、ティッシュやタオルで、紙コップのガムテープ部分を包んでから鍋に戻します。

周りの部分だけ固まったワックスが薄く残ります。

チャンクを作る

チャンク用のパラフィンワックスを90gを溶かします。
ワックスがとけたら、90℃で30gだけ紙コップに分けます。好きな色に着色します。色が透けるように、なるべく濃い色がいいかもしれません。
65℃でバットに注ぎます。これをあと2回繰り返します。

写真は2色目を注いだところ。3色分注げるように、スペースを空けながら注いでください。

3色目も同じように。

固まったら、手で細かく割ります。1cm角くらいになるようにしましょう。

ワックスを注ぐ

3色のチャンクをミックスし、最初に作った紙コップの中に入れます。芯は中心になるようにします。(写真、チャンクの色違います・・・すみません)

芯を割りばしで固定し、82℃のパラフィンワックスを注ぎます。内側の固まったワックスのラインと同じくらいまで注ぎます。

固まったら、紙コップを剥いでキャンドルをとり出せば完成です。