キャンドルの作り方 パームワックスで作るスフィアキャンドル  

今回は少し上級編かもしれませんが、スフィアキャンドルをパームワックスで作ってみました。
パームワックス特有のキラキラ感はあまり出さず、マットな感じに仕上げています。
パラフィンワックスでも方法は同じですが、仕上がりの質感が違いますので、そちらはまた今度紹介してみたいと思います。

必要なもの

パームワックス(クリスタルタイプ)    200g
  直径5cmのポリカーボネート製の球体の型を使用します。

長さ10cmくらいのを1本

タコ糸でもOK

ホーロー鍋 パラフィンワックスを溶かすのに使います。湯せんの場合は普通の鍋でもok。
染料 ワックスに色付けするのに使います。
割りばし 芯を固定するのに使います。
温度計 ワックスの温度を測るのに使います。

型の準備

パームワックスはあまり収縮しないため、型抜けが良いようにサラダオイルを型の内側に塗っておきます。

ワックスを溶かす

パームワックスの200gのうち、20gずつ3つに分けて溶かします。
溶かしたワックスで芯をコーティングします。芯のコーティングについてはこちらも参照ください。芯を型に通してセットしますが、まだ固定はしないでください。

溶かしたワックスに染料を入れ、好きな色にそれぞれ色付けします。

模様を付ける

一色目を70℃から75℃くらいで少しだけ型に注ぎます。

注いだら型を回して内側に模様をつけます。

一色目がある程度固まったら、2色目を同じように少量注ぎ、型を回して模様をつけます。2色目は1色目の模様のラインより上にくるようにします。

3色目も同じように。
これを繰り返し、型全体に模様が付くようにします。

ワックスを注ぐ。

模様が全体に付いたら、残りのパームワックスを溶かし、70℃くらいで型に注ぎます。写真では色が付いているワックスを注いでいますが、着色しなくてもOKです。

割りばしなどで芯をまっすぐに固定します。

固まるまで待って、型から抜けば完成です。