夏は涼しく、アイスキャンドル

アイスキャンドルと言っても、氷を削って作るキャンドルではありませんよー。
氷とワックスを使って作るキャンドルを紹介します。
パラフィンワックスだけだと、ヒビが入ってしまいます。マイクロワックスや、マイクロワックスハードなどを併用して作ります。

必要なもの

パラフィンワックス  160g
マイクロワックス(またはマイクロハードワックス) 40g
牛乳パック 1つ
長さ10cmくらいのを1本

タコ糸でもOK

ホーロー鍋 パラフィンワックスを溶かすのに使います。湯せんの場合は普通の鍋でもok。
染料 ワックスに色付けするのに使います。
割りばし 芯を固定するのに使います。
温度計 ワックスの温度を測るのに使います。

準備

1センチ角くらいの氷を用意します。
大きな氷を砕いてもいいですし、小さな氷を作れる製氷機が売ってますので、それを使うと簡単です。
ワックスを注ぐ直前まで冷凍庫に入れておいてくださいね。

牛乳パックを8センチくらいの長さに切ります。
内側の下から5センチのところに印をつけます。

芯のセット

パラフィンワックスを少しだけ溶かします。溶かしたワックスで芯をコーティングします。
芯のコーティングについてはこちらも参照ください。
マイクロワックスを芯の先に少しだけつけてください。それを底に貼り付ければ、芯をまっすぐセットできます。


芯を割り箸などで挟み、型にセットします。

ワックスを溶かす

パラフィンワックスとマイクロワックスを合わせて溶かします。
2色にしたい場合は、2等分にしてください。
溶けたら好きな色に着色します。

氷を入れる

目印をつけた5センチのあたりまで氷を入れます。

一気に注ぐ!

ワックスの温度を83度から85度にし、一気に型に注ぎます。
氷の位置より2センチほど上まで注ぎましょう。今回は2色にチャレンジしたので両側からワックスを注いでいます。

 

完全に固まったら、牛乳パックを破いて外します。


水が出てきますのて、ボウルに入れながら作業してください。
キャンドルは穴だらなので、脆いです。
優しく取り外してください。

火をつけるときは、必ず受け皿を使ってくださいね!
繰り返しですが、穴だらけなので下から確実に溶けたろうが出てきます。
火をつけると、穴から漏れる灯りがとてもきれいです。