LED ランタンキャンドル

火を使わず、LEDで楽しむランタンキャンドルを作ってみました。これなら火を使わないので玄関先などにも置けますね。

必要なもの

パラフィンワックス  110g(1個分)
マイクロワックス 20g
紙コップ 1つ
クッキングシート マイクロワックスを流し込むのに使います。
ホーロー鍋 パラフィンワックスを溶かすのに使います。湯せんの場合は普通の鍋でもok。
染料 マイクロワックスに色付けするのに使います。
抜き型 ランタンに付けたい模様の型を用意します。型がなくても、形に切った画用紙などの厚紙を使って、切り抜くなどしてもいいです。
温度計 ワックスの温度を測るのに使います。

キャンドル作りに使った道具は、キャンドル専用にしてください。食用など他の用途には使わないでください。

準備

作業しやすいように、紙コップの上部を2センチほど切り取ります。
5センチの位置に印をつけておきます。

模様を作成

ランタンの模様を作成します。マイクロワックスを溶かし、クッキングシートの上に100℃から110℃くらいで流し込みます。

型抜き

流し込んだマイクロワックスがある程度固まったら、型抜きします。

紙コップに張り付ける

型抜きしたマイクロワックスを、紙コップの内側に貼り付けます。使うときは、上下さかさまにして使います。底が上になることを考慮して貼りましょう。なるべく底の方に貼ると、LEDを灯したときにきれいです。

パラフィンワックスを流し込む

パラフィンワックスを溶かし、73℃から75℃くらいになったら、印をつけたとこまで紙コップに注ぎます。

これで表面が固まるまで待つのですが、この間に貼ったマイクロワックスが取れてしまうこともあります。まだ表面に白い膜は張っていなければ、割りばしなどでそっと貼り付けなおすこともできます。大きい模様にした方が取れにくいです。

くり抜く

表面が固まってきたら、カッターなどで切り込みをいれ、丸く切り抜きます。表面が固まるまで、気温によっても異なりますが、およそ15分から20分くらいだと思います。

 

くりぬいたら、中身を鍋へあけます。

固まるまで待って完成

完全に固まるまで待ち、紙コップをはがせば完成です。LEDライトにかぶせるようにして使います。