3色マーブル フローティングキャンドル

3色をマーブルにして作る可愛らしいフローティングキャンドルの作り方です。

材料

    • パラフィンワックス ホイップ用 70g×3(3色分) 
    • パラフィンワックス 流し込み用 100g
    • 紙コップ 3つ
    • 割りばし 2つか3つ
    • クッキー型
    • ホーロー鍋
    • 染料(クレヨンで代用可)
    • 芯 10cmくらい
    • クッキングシート
    • 方眼紙
    • 温度計
    • スケール
    • IHヒーター

IHヒーターを使って、ホーロー鍋でパラフィンワックスを溶かしますが、湯せんで溶かしてもOKです。
キャンドル作りに使った道具は、キャンドル専用にしてください。食用など他の用途には使わないでください。

準備

方眼紙を15cm×15cmの大きさに切ります。
これをクッキングシートの上に置き、方眼紙の大きさより一回り大きくクッキングシートを切ります。
このクッキングシートで箱を作ります。(箱の作り方詳細はこちらを参照)

 

パラフィンワックスを溶かす

ホイップ用、流し込み用のワックスをすべてホーロー鍋に入れ、溶かします。
ここで芯もコーティングしましょう。(コーティングの詳細はこちらを参照)
85℃くらいで、3つの紙コップに70gずつ分けて入れます。
染料を入れて色を付けます。

ホイップ

色をつけた3色のワックスを、割りばしで混ぜてホイップを作ります。
トロトロになるまで混ぜてください。

 

型に入れる

トロトロになったワックスをクッキングシートで作った型へランダムに入れていきます。


後でワックスを流しこむので、表面がデコボコしていても構いませんが、
1センチ以上盛り上がっている個所があれば、手で少し押して平らにします。

ワックスを流し込む

残りのパラフィンワックスを、90℃でまんべんなく流し込んでいきます。
表面が固まるまで待ちます。

 

芯をセットする

表面がある程度固まってきたら、先に芯をセットします。
型抜きをしてから芯をセットしてもいいのですが、経験上、これだと火をつけてもすぐに消えてしまう可能性があります。
まだワックスが柔らかい状態で芯をつけたほうが、芯とワックスがしっかりくっつき、火が消えにくいです。
クッキー型を表面に軽く押しつけ、型の跡をつけます。


跡をつけた真ん中に竹串などで穴をあけ、1cmから1.5cmに切った芯を入れます。

型抜きをする

全体がようかんくらいの硬さになってきたら、芯をセットしたときにつけた跡に沿って、型抜きします。
型を抜いたとき、なるべくクッキングシート上に残すようにしましょう。
型に残ると、型から押し出して取りだすときに形が歪みやすいです。
すべて抜いたら、余分な部分を取り除いていきます。型抜きした部分は死守しましょう!

完全に固まるまで待てば完成です!

このフローティングキャンドルですが、型抜きした後の残りが結構たくさんでます。

これは捨てずに、再利用します。再利用するレシピはこちら