キャンドルの作り方 グラデーションレイヤーキャンドル

型抜きして重ねるだけで作れちゃう、レイヤーキャンドルを紹介します。
一色だけで作ってもいいのですが、今回は3色使ってグラデーションっぽく仕上げてみました。

必要なもの

パラフィンワックス   流し込み用 80g

ディッピング用 200g

 ホーロー鍋    パラフィンを溶かすのに使います。

湯せんで溶かす場合は、通常の鍋でもOKです。白い鍋の方が着色したロウの色を確認しやすいです。

ホーローマグカップ    最後のディッピング用に使います。湯せんの場合は缶詰の缶でもOKです。
クッキー型    お好みのクッキー型を一種類使います。
染料   お好きな色を3色使います。クレヨンでも代用できるとは思いますが、溶けにくいので、染料を使うことをお勧めします。
  10cmくらい
座金    1個
方眼紙   15cm×20cm
クッキングシート    方眼紙の大きさより一回り大きいサイズが必要です。
温度計    溶かしたワックスの温度を測るのに使います。
竹串    細い穴を開けれるものであれば何でもいいです。

キャンドル作りに使った道具は、キャンドル専用にしてください。食用など他の用途には使わないでください。

準備

方眼紙を20cm×15cmの大きさに切ります。
これをクッキングシートの上に置き、方眼紙の大きさより一回り大きくクッキングシートを切ります。
このクッキングシートで箱を作ります。(箱の作り方詳細はこちらを参照)

 

パラフィンワックスを溶かす

流し込み用のワックスをホーロー鍋に入れ、溶かします。
ここで芯もコーティングして座金もセットします。(コーティングおよび座金のセットの詳細はこちらを参照)

型へワックスを流し込む

染料を手元に用意しましょう。
今回は、3色用意してみました。(ハニーデューメロン、黄色、ロイヤルブルー)


溶かしたワックスを100℃から110℃くらいで型に流し込みます。
ワックスを流し込んだら、すぐに用意した染料を入れます。割りばしなどでなじませて色をつけていきます。
ワックスの温度が低くなると、染料が溶けにくくなります。手早く作業しましょう。

 

型抜き

固まってきたら、型抜きし、余分な部分を取り除いていきます。

 
すべて型抜きしたら、中央に竹串などで穴をあけます。


芯に通していきます。


一枚一枚が薄いので、どんどん固まっていきます。ここもなるべく早く作業しましょう。

ディッピング

このままでは、動いてしまうので、ディッピングをして固定します。
ディッピング用のワックスを溶かします。ここではホーローのマグカップを使用していますが、
缶詰めの缶をにワックスを入れ、湯せんで溶かしてもOKです。
ワックスが100℃になったら、キャンドル全体が浸かるまで入れてすぐに出します。

これで完成です。