キャンドル作りの基本手順

ここで紹介しているキャンドルを作るときに、よく出てくる基本的な手順をまとめています。

芯のコーティング

ワックスを溶かし、芯を入れてワックスに浸し、取り出します。
ティッシュで芯を包み、ワックスを扱くように拭いてコーティングします。

芯を紙コップにセットする

紙コップの底に穴を開けます。

ワックスでコーティングした芯の片方を後で解ける結び方で結び、開けた穴に通します。

ガムテープでしっかりとめます。

座金の付け方

ワックスでコーティングした芯と、座金を用意します。
芯を座金に通し、下から芯が出ない位置で保持します。


下図の部分を2mmほど残してペンチなどで座金を潰し、芯が抜けないように固定します。
座金のすぐ上から潰してしまうと、座金自体が大きく歪んでしまうので、必ず2mmほどあけるようにします。

座金を使わない芯のセット方法

座金を使わないで芯をセットする場合は、キャンドルにコーティングした芯を差して底から突き抜けさせます。
突き抜けた芯の1cmくらい横に穴を開け、そこへ芯を通します。

クッキングシートで箱を作る

ワックスを流し込むときに使う、クッキングシートの箱の作り方です。

クッキングシートを必要な大きさに切り、外側4辺を折ります。

折り目をつけたら、一度開き、角の部分を谷折りにして合わせます。

谷折りにした部分を、横に折りたたみます。

その状態で、ホッチキスで止めます。

これを4つの角すべてに繰り返せば完成!簡単ですね。